BYA情報提供メール(その5)

BYA会員及び関係者、並びにお問い合わせいただいた方へ、当会からベンゾジアゼピン副作用等に関する情報提供メールを送付しています。このページでは「BYA情報提供メールのバックナンバー」を見ることができます。スマホの方は添付資料の拡張子を開けられるアプリをインストールしてください。

注意:掲載の医学文献又は書籍は公共図書館等で「薬物の副作用の調査研究」を目的に、正式に複写申請して入手しているものです。書籍の一部のため、全文を読まれるときは当該の書籍をご購入してください。本資料を第3者に送付・譲渡して利益を得てはいけません。

これまでのBYA情報提供メールの全記事リスト

ダウンロード
BYA情報提供記事リスト(Vol.1-198).pdf
PDFファイル 660.4 KB


情報番号/提供日/目次

情報提供メール本文

添付資料1

添付資料2



ご注意

HP内に他のサイト等のリンク箇所がありますが、リンク箇所へのアンダーライン(_)がJimdoサーバーシステムでは表示されません。そこで、リンク箇所は「桃色」に変色していますので、そこをクリックしてください。



【情報 Vol.203】

  2020/6/5

目次】Vol.203

1.厚労省の行政文書の開示請求中

2.大麻で大学生ら10人摘発、譲渡や所持疑い 静岡県警と清水署(添付

3.「指吸」という名字の由来(添付

4.BYA情報提供書の送付(添付

5.PMDA医薬品副作用被害救済制度への申請資料(追加分

6.名古屋ベンゾジアゼピン医療過誤訴訟の原告側証拠リスト(添付

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.203】.pdf
PDFファイル 224.5 KB

NCNP薬物依存研究部長

松本俊彦医師


「食べるものがなければ、指をしゃぶって辛抱してでも不正不義はせぬ」という家訓:指吸家

ダウンロード
指吸 由来.pdf
PDFファイル 673.2 KB

PMDA医薬品副作用被害救済制度への申請資料(追加分)

ダウンロード
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構御中(送付票_追加資料).pdf
PDFファイル 268.9 KB

厚労省の行政文書の開示請求中

⑴過去4年分の「711陳情」の記録

⑵国内の精神科での死亡患者数の統計(可能な限り過去分も)

上記2件の開示を電子申請中。開示され次第、本HPで公開予定。

ダウンロード
大麻で大学生ら10人摘発、譲渡や所持疑い 静岡県警と清水署|静岡新聞アットエス.
PDFファイル 314.3 KB
ダウンロード
水澤都加佐_情報提供書_松本俊彦_2020_6_4.pdf
PDFファイル 495.3 KB

上記の情報提供書の添付資料の一部

ダウンロード
違法薬物使用を非犯罪化し、治療・支援を_朝日新聞(薬物は罪ですか)_2019年1
PDFファイル 220.0 KB
ダウンロード
「クスリをやった」と言える治療の場を(松本俊彦)_AERA_2019_9_9.p
PDFファイル 3.3 MB

名古屋ベンゾジアゼピン医療過誤訴訟の原告側証拠リスト:参考

⑴甲A号証(診断書等):90件

⑵甲B号証(医学文献等):457件

⑶甲C号証(その他の証拠):109件 以上合計656件

ダウンロード
付表31_名古屋ベンゾジアゼピン訴訟証拠一覧(A号証).pdf
PDFファイル 340.2 KB
ダウンロード
付表31_名古屋ベンゾジアゼピン訴訟証拠一覧(B号証).pdf
PDFファイル 886.3 KB
ダウンロード
付表31_名古屋ベンゾジアゼピン訴訟証拠一覧(C号証).pdf
PDFファイル 411.4 KB


【情報 Vol.202】

  2020/6/3

【目次】Vol.202

1.慶応大学病院の乳児の心臓手術めぐる訴訟 原告敗訴 東京地裁(添付

2.抗不安薬や睡眠薬の処方数が増加 コロナ禍のストレス、依存症の懸念(添付

3.ひき逃げ男を覚醒剤使用で再逮捕(添付

4.医療法で、国循の報告件数の調査結果(関連記事含め添付

5.行政事件訴訟法の裁判の弁論期日(お知らせ

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.202】.pdf
PDFファイル 267.2 KB

医療法で、国循の報告件数

<情報開示請求により確認>

1.医療事故調査制度(H27開始)

:0件

2.医療事故情報収集等事業(H16開始)

:0件

結論:国循が報告した件と確認できた数は零件であった。

ダウンロード
法人文書開示請求の結果(第4次開示請求)_2020_5_27開示.pdf
PDFファイル 172.5 KB

上記の結果により、名古屋地裁へ行訴法訴訟事件において「調査嘱託」を申請

ダウンロード
調査嘱託申立書.pdf
PDFファイル 167.4 KB
ダウンロード
“事故調”、報告数ゼロの大学病院は問題 - 樋口範雄・東大名誉教授・武蔵野大特任
PDFファイル 534.5 KB
ダウンロード
医療事故調査制度 導入3年、想定下回る報告件数…調査ためらう病院 遺族不満 _
PDFファイル 349.3 KB
ダウンロード
医療事故報告低調なぜ_調査制度4年で市民らシンポ.pdf
PDFファイル 451.4 KB
ダウンロード
慶応大学病院の乳児の心臓手術めぐる訴訟 原告敗訴 東京地裁 _ NHKニュース.
PDFファイル 542.5 KB
ダウンロード
心臓手術で女児に障害 病院側の責任認めず|日テレNEWS24.pdf
PDFファイル 582.7 KB
ダウンロード
抗不安薬や睡眠薬の処方数が増加 コロナ禍のストレス、依存症の懸念 _ Daily
PDFファイル 599.3 KB
ダウンロード
PMDA副作用救済給付の決定_令和2年度決定(4月分).pdf
PDFファイル 137.2 KB
ダウンロード
ひき逃げ男を覚醒剤使用で再逮捕|NHK 北海道のニュース.pdf
PDFファイル 532.4 KB


【情報 Vol.臨時】

  2020/5/30

【目次】 臨時

第1.情報提供書(全資料添付

郵送先

⑴厚生労働省医政局長 吉田 学

⑵厚生労働省医薬・生活衛生局長 鎌田 光明

⑶関東信越厚生局 麻薬取締部

⑷警視庁 組織犯罪対策5課

⑸国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター理事長 水澤英洋

2.趣旨

⑴医道審議会において審議されるべき事案

NCNPの松本俊彦医師は、「医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について」(医道審議会医道分科会、平成24年3月4日改正)に違反しているため、医道審議会において行政処分にすべきである。

第2.医療事故等(医療事故及び事故等事案)の報告の実態について

第3.当会の政策(提言):下段参照

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.臨時】.pdf
PDFファイル 242.4 KB

医道審への情報提供書

ダウンロード
厚生労働省医政局(医道審)他_情報提供書_松本俊彦_2020_5_28.pdf
PDFファイル 568.8 KB

以下、情報提供書の添付資料1から11

ダウンロード
米国から覚醒剤密輸の帰国女子大生(22)が乗っかったトレンド _ 文春オンライン
PDFファイル 2.2 MB
ダウンロード
大麻所持などの検挙者 3年連続で過去最多 低年齢化傾向強まる _ NHKニュース
PDFファイル 1.8 MB
ダウンロード
2019年の大麻摘発が初の4000人突破、6年連続増 _ nippon.com.
PDFファイル 339.4 KB
ダウンロード
槇原敬之逮捕で注目。精神科医が警告する「薬物報道の在り方」_松本俊彦_(総括版)
PDFファイル 2.1 MB
ダウンロード
覚醒剤、経験者が語る本当の恐ろしさ…極上の快感で強力な依存性、体はボロボロに.p
PDFファイル 738.7 KB
ダウンロード
ミャンマー東部 覚醒剤や麻薬18トン押収 この地域で過去最大量 _ NHKニュー
PDFファイル 395.5 KB
ダウンロード
2017年3月17日薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会議事録.pdf
PDFファイル 484.1 KB
ダウンロード
合法的な薬物依存「デパス」の何とも複雑な事情 _ 「合法薬物依存」の深い闇(統合
PDFファイル 1.4 MB
ダウンロード
松本医師意見書、テキスト認識.pdf
PDFファイル 1.0 MB
ダウンロード
松本俊彦意見書の要旨.pdf
PDFファイル 213.3 KB
ダウンロード
ストロング系、市販薬…身近な依存症。専門家が語る「最も深刻な薬は…」 _ ニコニ
PDFファイル 1.9 MB
ダウンロード
医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について(厚生労働省医道審議会).pdf
PDFファイル 160.7 KB
ダウンロード
医師・歯科医師行政処分の流れ.pdf
PDFファイル 65.2 KB

当会の政策提言

現状の医療法では、医療事故等の有用な情報が活用されていないため、以下の法改正を行うこと。

⑴医療法上、医療事故の報告可否は、現在、各医療機関で判断しているが、「死亡又は死産を予期しなかったもの」に拘わらず、死亡事故の全数を国(厚生労働省)へ報告させ、同省が第3者委員会での審議開催の可否を判断することに、医療法を改正する。

⑵医療法上、事故等事案についても、⑴と同様に、現在、各医療機関で判断しているが、患者からの申立てにより、事故等事案の全数を国(厚生労働省)へ報告させ、同省が第3者委員会での審議開催の可否を判断することに、医療法を改正する。

⑶厚生労働省自体が、医療者寄りの政策を行っている懸念があるため、上記の医療事故及び事故等事案について、第3者委員会での審議開催の可否を判断するに当たり、全数を公開した上で、可否の結果に対する異議申し立ての法制度を整備する。

⑷医療事故等に関する情報は、すべて「ガラス張り」とし、国民に情報公開した制度とする。これにより、我が国の「医療安全レベル」の格段の向上が期待できる。

⑸上記の医療法改正には、現在の政権交代が必須である。


【情報 Vol.201】

  2020/5/30

【目次】 Vol.201

1.ミャンマー東部 覚醒剤や麻薬18トン押収 この地域で過去最大量(添付

2.非ベンゾジアゼピンは依存症にならないか?(資料Vol.200参照

3.米国から覚醒剤密輸の帰国女子大生(22)が乗っかったトレンド(総括版添付

4.障害年金の請求(続報

5.診療報酬架空請求の疑いで医師と事務長逮捕 在宅診療装い95万円 警視庁(添付

6.ベンゾジアゼピン薬害の国家賠償請求集団訴訟<暫定版

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.201】.pdf
PDFファイル 252.3 KB
ダウンロード
医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について(厚生労働省医道審議会).pdf
PDFファイル 160.7 KB
ダウンロード
医師・歯科医師行政処分の流れ.pdf
PDFファイル 65.2 KB
ダウンロード
診療報酬架空請求の疑いで医師と事務長逮捕 在宅診療装い95万円 警視庁 - 毎日
PDFファイル 229.5 KB

覚醒剤密輸の帰国女子大生

ダウンロード
米国から覚醒剤密輸の帰国女子大生(22)が乗っかったトレンド _ 文春オンライン
PDFファイル 2.2 MB

海外でトレンドの覚醒剤が日本の若年層で流行の前触れ

「大麻が合法な国がある」と多くの逮捕者が供述する

ピーナッツバター瓶から覚醒剤の錠剤を発見

密輸入される大量のコカイン

覚醒剤の結晶を密造

ミャンマー東部 覚醒剤や麻薬18トン押収 過去最大量

ダウンロード
ミャンマー東部 覚醒剤や麻薬18トン押収 この地域で過去最大量 _ NHKニュー
PDFファイル 395.5 KB

国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)が発表の公式見解

NCNPの松本俊彦薬物依存研究部長は「大麻の影響は大きくない」として「日本でも大麻・覚醒剤の自由化・非刑罰化」を提唱しているが、日本は大丈夫だろうか? このような人物を「日本の薬物依存研究の責任者」にしておくことはできない。



【情報 Vol.200】

  2020/5/26

【目次】Vol.200

1.ベンゾジアゼピン薬害の国家賠償請求集団訴訟<暫定版>添付

2.全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査(松本俊彦)(再掲

3.行政事件訴訟法訴訟の経過(添付

4.覚醒剤、経験者が語る本当の恐ろしさ…極上の快感で強力な依存性、体はボロボロに(添付)

5.2019年12⽉18⽇医道審議会医道分科会議事要旨_厚生労働省(添付

6.そもそも、なぜ異例の出世ができた? 黒川前検事長が陰で呼ばれていた「意外なニックネーム」

 

ご注意

HP内に他のサイト等のリンク箇所がありますが、リンク箇所へのアンダーライン(_)がJimdoサーバーシステムでは表示されません。そこで、リンク箇所は「桃色」に変色していますので、そこをクリックしてください。

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.200】.pdf
PDFファイル 269.7 KB

ダウンロード
医道審議会医道分科会議事要旨.pdf
PDFファイル 111.9 KB
ダウンロード
ベンゾジアゼピン服用履歴(BYA)【氏名】.xlsx
Microsoft Excel 12.7 KB

以下、NCNP松本俊彦医師関連

全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査(松本俊彦)_2018

ダウンロード
全国の精神科医療施設における薬物関連精神疾患の実態調査(松本俊彦)_2018.p
PDFファイル 3.1 MB
ダウンロード
覚醒剤、経験者が語る本当の恐ろしさ…極上の快感で強力な依存性、体はボロボロに.p
PDFファイル 738.7 KB
ダウンロード
相模原事件を考える~公判を前に:国の再発防止検討チームに参加 松本医師が考える事
PDFファイル 450.0 KB
ダウンロード
「クスリをやった」と言える治療の場を(松本俊彦)_AERA_2019_9_9.p
PDFファイル 3.3 MB

以下、行政事件訴訟法(医療法)訴訟の参考資料

ダウンロード
中日新聞社及び日本経済新聞社_情報提供書_行政事件訴訟法の概要.pdf
PDFファイル 452.0 KB
ダウンロード
被告証拠説明書(1)_(乙1).pdf
PDFファイル 77.5 KB
ダウンロード
原告準備書面(2)修復正版.pdf
PDFファイル 752.1 KB
ダウンロード
原告準備書面(2)修復正版_【別紙】.pdf
PDFファイル 448.1 KB
ダウンロード
請求の拡張(国循、医療法+行訴法).pdf
PDFファイル 147.5 KB


【情報 Vol.199】

  2020/5/18

【目次】Vol.199

1.ヒラメ裁判官とヒラメ検事

2.『道徳感情論』と同感 アダム・スミス

3.鍼灸によるうつ病の治療 心に効く「ツボ」の存在

4.依存性は気になるけれど…デパスの首位変わらず(添付

5.再掲載:BZD中止時の症状 【下図参照

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.199】.pdf
PDFファイル 235.7 KB

ダウンロード
依存性は気になるけれど…デパスの首位変わらず:日経メディカル.pdf
PDFファイル 241.6 KB

汎用されるベンゾジアゼピンの種類 1位エチゾラム(デパス)、2位アルプラゾラム(コンスタン、ソラナックス)3位クロチアぜパム(リーゼ他)

参考

ダウンロード
検察庁法改定案反対検察OBの意見書.pdf
PDFファイル 250.3 KB

再掲載:BZD中止時の症状 【右図参照】

原疾患の再燃、❷反跳現象、❸離脱症状(退薬症候)

原疾患の再燃は,元来の不眠,不安などの症状が再発・再燃したことを意味しており,治療の再開を要することになる。

反跳現象反跳現象は,元の症状がより強度に現れるもので,中断後早期に出現する反跳性の不安や不眠がこれにあたる。

離脱症状(退薬症候)離脱症状は,元の症状とそれまでには認められなかった症状が出現するもので,一般には古くから「禁断症状」とよばれていた状態。BDZ大量又は長期間連用している患者では,使用量の減量や中断とともに離脱が起こる。不眠,不安,焦燥,神経過敏,食欲不振,不機嫌などの軽度のものから,幻覚,錯乱,せん妄などの精神病様症状や意識障害,全身けいれんなど重度の症状にまで至ることがある。長期にわたる大量使用の中断時には,重度の症状が長期間出現する。



【情報 Vol.198】

  2020/5/15

【目次】Vol.198

1.向精神薬の等価換算(換算リンク先あり

2.2019年の大麻摘発が初の4000人突破、6年連続増(添付

3.医師の電話指示の是非が問われた3つの裁判例(総括版添付

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.198】.pdf
PDFファイル 273.5 KB

覚醒剤、大麻、コカインの摘発人数

大麻の摘発人数2019年に4000人突破

ダウンロード
薬物の統制 _ 国連広報センター.pdf
PDFファイル 164.0 KB
ダウンロード
2019年の大麻摘発が初の4000人突破、6年連続増 _ nippon.com.
PDFファイル 339.4 KB
ダウンロード
医師の電話指示の是非が問われた3つの裁判例:日経メディカル.pdf
PDFファイル 1'006.1 KB

抗不安薬・睡眠薬の等価換算

ジアゼパム5mgと等価用量

ダウンロード
抗不安薬・睡眠薬の等価換算2017年_稲垣&稲田.pdf
PDFファイル 71.7 KB

抗うつ薬の等価換算イミプラミン150mgと等価用量

ダウンロード
抗うつ薬の等価換算2017年_稲垣&稲田.pdf
PDFファイル 66.3 KB


【情報 Vol.197】

  2020/5/11

【目次】Vol.197

1.癌治療時など鎮痛剤の断薬・中毒予防を遠隔医療でサポートするLusic Lane

2.平成30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について(厚生労働省)(添付

3.医療行為と刑事責任(添付

4.「死にたい」に寄り添うには(1)この人なら分かってくれる…自殺予告の相手は「選ばれている」(総括版添付

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.197】.pdf
PDFファイル 252.1 KB
ダウンロード
平成30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について.pdf
PDFファイル 144.2 KB
ダウンロード
平成30 年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況.pdf
PDFファイル 361.9 KB
ダウンロード
「医療行為と刑事責任について(中間報告)」の公表について.pdf
PDFファイル 733.8 KB
ダウンロード
医療行為と刑事責任について(中間報告).pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
「死にたい」に寄り添うには(1)この人なら分かってくれる…自殺予告の相手は「選ば
PDFファイル 874.0 KB

ベンゾジアゼピン過量服用者へインタビューするNCNP松本俊彦医師。当然、自殺予告した者は1人もいなかった。ベンゾジアゼピン自殺者は全員が「自殺企図」ではなく、「脱抑制」による「事故死」だからである。



【情報 Vol.196】

  2020/5/10

【目次】Vol.196

1.ETV特集「義男さんと憲法誕生」

2.診断名の表示(添付

3.「ホーム(3)の協議会の目的」に2項を追加しました。(2020/5/9)NEW

4.クロナゼパムは「てんかん専門薬」としてのみ承認されている(添付

5.「車到山前必有路」(车到山前必有路)は力となる。

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.196】.pdf
PDFファイル 282.7 KB

車到山前必有路

「目の前に山があって車が進めないと思っても、必ず道はある!」

ベンゾジアゼピン薬害が、どうしようもないと感じられても、前に進めば、必ず解決する道が開ける。

ダウンロード
Clonazepamの薬原性錐体外路症状に対する有効性(水野倉一).pdf
PDFファイル 667.1 KB

日本国憲法第十七条

  「何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。」

鈴木義男(憲法17条を提唱)

診断書(多田)<例示>

診断名「ベンゾジアゼピン薬物依存症(既往)及び離脱症状、それに合併したうつ病及び残遺性後遺障害」(名古屋市立大学病院東英樹副部長)

ダウンロード
東診断書(上告)押印版_平成30年8月29日.pdf
PDFファイル 189.3 KB


【情報 Vol.195】

  2020/5/6

【目次】Vol.195

1.ベンゾジアゼピンの処方用量を間違えて処方した事例

2.疾患の治癒効果が見込めないベンゾジアゼピンを長期処方した過失

3.障害年金(つづき)

4.医療事故情報センター

 

ダウンロード
(BYA) 【情報 Vol.195】.pdf
PDFファイル 245.0 KB

 情報Vol.194の3項のとおり、「ベンゾジアゼピン副作用の診断書のない被害者の救済」のため、国家賠償請求集団訴訟は、上記診断書がなくても、「一定量以上のベンゾジアゼピンを服用していれば、被害を認める」ことを目指さなければならない。

 よって、現時点では未定であるが、「ベンゾジアゼピン副作用]の診断書がない被害者も集団訴訟の原告に加わるべきではないかと考えている。

疾患の治癒効果が見込めないベンゾジアゼピンを長期処方した過失

医薬品添付文書の「重大な副作用」の警告から、治癒効果の見込めないベンゾジアゼピンを漫然と長期間にわたり投与した事例では損害を認めるべきである。


セレナール散剤の力価に注意!

ダウンロード
セレナール散10%_3.pdf
PDFファイル 539.8 KB